「検事に女はいらない」だった時代

  • 2018.08.04 Saturday
  • 10:13

JUGEMテーマ:法律

 

ランキングに参加しています。

あなたのワンクリックが1ポイントになります。

この下の「広島ブログ」と「弁護士」をポチッと応援よろしくお願いいたします。<(_ _)>

 
広島ブログ

 
 

 

東京医大で女子受験者を一律減点していたというニュース(https://www.asahi.com/articles/ASL823FD7L82UTIL00Q.html 朝日新聞デジタル「東京医大、女子受験者を一律減点 受験者側に説明なし」2018年8月2日)を聞いて,今時まだそんなことをしているのかという驚きを感じるとともに,20年くらい前は検察もそうだったということを思い出した。

 

私が浦和地検(現さいたま地検)で検察実務修習の指導係検事を務めていたときのこと。

 

司法修習生の検察実務修習の成績をつけなければならなかったのだが,私が見た限りトップ2人は女性だった。

 

しかし,上司から,「検事に女はいらない。女に点をやることはないから男の点を上げろ」という奈良判定のような指示があり,私のようなヒラの意見など通る訳ない社会なので,有能な女性2人の評価は不当にも下げられ,その分男性に下駄が履かされた。

 

その2人の女性は,今はそれぞれ裁判官,弁護士としてご活躍と聞く。

 

今や,女性が占める割合は,裁判官で約20%,検察官で約22%,弁護士で約18%。

 

特に,昨年の新人検事は,その39%が女性だそうだ。

 

最近は,女性裁判所書記官や女性立会事務官も多い。

 

法廷に行くと,裁判官も書記官も相手方代理人も女性で,法廷にいた男性は私だけということもある。

 

隔世の感がある。

 

 

 

 
企業サイトや人気サイトの運用実績多数!月額1,000円(税抜)〜の高スペックレンタルサーバーヘテムル
 



 
  

 

PR

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

にほんぶろぐ村

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM